口コミの投稿者:ミーさん(女性 33歳)

30歳の時、第一子を妊娠し、妊娠中に10キロも太りました。
退院までに5キロ減量できたものの、なかなか元の体型に戻らずダイエットをしました。
実践したダイエットは1食置き換えダイエットと筋力トレーニングです。

有名な1食置き換えダイエットを提唱している商品を購入し、晩御飯をその商品に置き換えて行いました。
一般に、脂肪1キロを落とすのに7200キロカロリーも減らす事が必要と言われているので、夕飯約600キロカロリー・多い時で1000キロカロリー近くを、200キロカロリー程度に抑える事で、効率良く減量することができました。
数日は空腹感がありましたが、すぐに慣れましたし、食べなかった晩御飯は翌朝にまわし、朝しっかりと食事を摂りました。

始めてすぐに2キロくらい減りましたが、やはり停滞期がやってきて、2週間程度あまり体重の変化がありませんでした。
変化がないのでここで思わずあきらめてしまいそうになりましたが、必ず減る時がくると信じて変わらずダイエットを続けました。
するとある日急にガクンと体重が落ち、それからはスムーズに体重が減っていきました。
今思えば生理前で体がむくむ時期と、停滞期の時期が重なっていたのもあったかと思いますので、ダイエットを始めるなら生理後の体重が落ちやすい時期が結果が目に見えやすくいいかもしれません。

また、1食置き換えと並行して、軽い筋力トレーニングも行いました。
これはリバウンドを防ぐためで、筋肉をつけることで基礎代謝を上げて、元の食事に戻した後も体重を維持するためです。
毎日お風呂の前に、特に気になる腰から下のたるみを意識して、腹筋や太ももを引き締める筋力トレーニングを行ったことで、落ちた体重いじょうに体が引き締まったように見えたようで、周りからも驚かれました。
筋肉がついてくると少し体重は増えますがこれはしかたのないことで、基礎代謝が高いほど太りにくくなるので、ただただ食事制限をしてダイエットするよりは、結果体型・体重意地の為に良かったと思います。