口コミの投稿者:リョータさん(男性 36歳)

私が昔実践したダイエットは、よくあるような食事制限や運動によるものではなく、内側の精神的なものでダイエットをするという方法でした。メンタルコントロールというと精神論的な感じに聞こえますが、肉体と精神はリンクしているので、これが意外にも効果てきめんだったわけです。

まず行ったのが「メンタルブロックを取り外す」ことです。
普段意識している部分を顕在意識と言いますが、それと別に潜在意識が眠っています。この二つの意識はつながっていますが、潜在意識を意識することが出来ません。ここに大きなカギが眠っているのです。この2つの精神の間には、うまくいくはずがない、という否定的な感情の壁があります。だから、ダイエット中の人がやっぱりダメだと途中で諦めてしまったりするのです。つまり、痩せれて当たり前だという認識に変われば、肉体もこれについてくるのです。

今の現状から未来の自分へのステップアップに「現状維持」は必要ありません。心にもホメオスタシスは働いています。未来の自分を「イメージ」することをやってみました。そのためには、すでに上手くいっているふりをしてみることです。私は、携帯電話の待ち受け画像を理想の体型をした有名人の画像に変え、いつも目に入るようにしました。すると、大いなる勘違いが成立し、「目隠し」が外れます。夢が叶ったことが日常であるかのようにイメージして生活します。リアルなイメージ力に、臨場感を加えると現実のものとなるのです。

そして、ダイエットをする目的と目標の数値、期限を明確に決めて、そこで初めてダイエットが成立します。
簡単にまとめると、どうせ無理だと潜在意識のどこかで少しでも思っていたら、どんなに質の高いダイエットをしても成果はでない、リバウンドしてしまうのです。

リバウンドしにくいダイエットとして、栄養の取り方の改善、軽い運動の習慣化、水の摂取、代謝を上げるなどのダイエットもやってみましたが、メンタルコントロールを加えて行ってみると、恐ろしいほどに成果が変わりました。